エレクトーン 運搬

エレクトーンの運搬を激安にする方法

エレクトーン 運搬

エレクトーン 運送

エレクトーン 郵送

エレクトーン 運ぶ

 

エレクトーンは重いもので100kg以上もあるため、運搬はプロにお任せしましょう。

 

エレクトーンを運んでくれる業者といえば、ピアノ専門業者や大手の宅配業者、引越し業者や便利屋などが思い浮かびます。

 

費用の面では、競争のない業種ではやや割高になってしまいます。

 

1番数が多いのが引越し業者なら、エレクトーンの運搬費用が安くなるチャンスがあるのです。
しかし、すべての引越し業者がエレクトーンやピアノの運送を扱っているわけではありません。

 

エレクトーンの運搬を扱っている引越し業者を簡単に探したいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

エレクトーンだけを運んで欲しいという依頼も少なくありませんので、安心してご利用くださいね。

 

見積もりを比較することで、エレクトーンの運搬費用の相場や最安値が簡単に見つけられます。

 

簡単で便利なのはもちろん、見積もりは無料なのでお気軽にご活用くださいね。

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越しの時期と値段

 

引越しの時期

 

引越し業者には繁忙期があります。
繁忙期とは3月のことで、この時期が1年で一番引越し件数の多くなります。

 

3月に引越し件数が多くなる理由は、新大学生・新社会人が4月の新学期から新しい環境に旅立つためです。
エレクトーンやピアノだけを運んで欲しい場合でも、繁忙期では費用が高めになります。

 

なんせこの時期は引越し業者も人手が必要なため、通常期よりも値段を高めに設定しているからです。

 

もし時期にこだわりがないのであれば、この時期のエレクトーンやピアノの運搬は避けましょう。

 

さらにこの時期は春の人事異動によって転勤になった家族や単身赴任のサラリーマンなどの引越しも重なります。
これだけ多くの人が一斉に動くわけですから、引越し業者は大忙しです。

 

引越し業者も手をこまねいているわけではなく、繁忙期に備えてスタッフを増員したり回る件数を調整したりするのですが、日によってはそれ以上の予約が入ります。
そんなときは依頼を断らざる得ません。

 

ですから引越しする方も繁忙期は早めに見積もりを取って、契約しておかなければなりません。
安くてサービスの良い引越し業者からどんどん埋まりますので、見積もりのタイミングは新居の住所がわかったらすぐがオススメです。

 

繁忙期の引越しは通常期よりも費用が高めになりますが、早めの準備で少しでもお安くすることはできます。
頑張ってくださいね。

 

 

引越しの費用のしくみ

 

引越し安く

 

引っ越し費用は、人件費と移動距離とオプション費用で決まります。

 

あなたの引越しにどれだけの引っ越しスタッフ(人件費)が必要かということ、荷物を移動させるのに必要な交通費、そしてゴミの処理費やエアコン移設費などの特殊なものがどれだけあるかということ、これらの合計が引っ越し費用です。

 

荷物が多ければ、大きなトラックとガソリン代、多くの人件費がかかりますから、引越し費用は高くなります。。
さらに新居までの距離が遠いほど、運転の交代スタッフや高速代がいるので、引越しの価格が高額となるのです。
また物件のエレベーターの有無や廊下の狭さ、トラックを停められる位置によっては、料金がさらに高くなることもあります。
そして時期によっても引越し費用は変わります。繁忙期の3月は高くなります。

 

だから〇〇引越しセンター、引越し費用一律□□万円!などという価格表は作ることができないのです。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいのであれば、複数の引越し業者から見積もりを取るしか方法はありません。
少しでも引越し費用を安くしたいのであれば、新居の住所が決まったらすぐに見積もりを依頼して比較し、引越し業者をおさえておきましょう
先延ばしすると、条件の良い引越し業者ほど予約が埋まり契約できなくなります。

 

 

引越しのオプションとは?

 

エレクトーン 運搬

 

交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものが引越し料金です。
ではこの「オプション費用」とは何でしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

まず、エアコンの移設はコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているため素人には無理です。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、新居にも持って行きたいと思いますよね。

 

もちろん自分で電器屋に来てもらって外してもらい、新居で再び電器屋に来てもらって設置する事も出来ますが、手間がかかってすごく面倒ですね。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので簡単で便利なのです。

 

さて車好きの方なら「車の陸送なんて自分でやればいいのに・・・」と思われるかもしれません。
しかし東京から九州まで1人で運ばなければならない場合もあります。
時間に余裕があって、運転が好きで体力に自信がないとできませんね。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器ですので、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないこともあります。

 

一括見積もりでも、オプションで「ピアノの運搬」を申し込んでおけば、ピアノの運搬を扱う引越し業者だけが対象になるので便利です。

 

 

レンタカーでエレクトーンを運ぶ

 

レンタカー エレクトーン

 

レンタカーで運んだら、エレクトーンも安く運べるのでは・・・?
実際どうなのでしょう。

 

普通免許で運転できるトラックは2t未満ですから、普通の人がレンタカーで借りられるのは軽トラック・1tトラック・1.5tトラックになるかと思います。
軽トラックの荷台は長さ194cm×幅141cmで、エレクトーンは長さ120cm×奥行き50cm×高さ90cm位ですから荷台に乗せることは充分可能です。

 

ただ問題は重さです。
エレクトーンは20万円前後のものから100万円以上のものまで種類が多いです。
重さも50kgのものから100kgを超えるものまであります。

 

100kgを超えるエレクトーンは1人では運ぶことが出来ません。
2〜3人の人手がなければ、荷台に持ち上げるのは難しいですし、危険です。
万が一落として破損しても何の補償もないので、高価なエレクトーンは専門業者か引越し業者のピアノ専門スタッフに依頼したほうが安心です。

 

 

引越しと周波数

 

引越し 周波数

 

家電は電源が50ヘルツの時と60ヘルツの時で、1そのまま使えるもの・2使えるが性能が変わるもの・3そのままでは使えないものに分けられます。

 

ご存知でしたか?それぞれにはどんなものがあるのでしょう。

 

1.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使える家電(電熱や電波を利用する家電)
テレビ、ブルーレイレコーダ、DVD レコーダー、ビデオデッキ、ラジオ、パソコン、オーブン、トースター、エアコン、掃除機、電気ストーブ、電気こたつ、電気毛布、LED電球など

 

2.周波数が、50Hzでも60Hz でもそのまま使えるが、性能が変わるもの(モーターを使用した家電、モーターの毎分回転数が変わるため)
冷蔵庫、洗濯機、空気清浄機、扇風機、加湿器、掃除機、ジューサー、換気扇
※インバータを内蔵しているものは、インバータを経由して電力が供給されるために電源周波数による性能の変化はありません。

 

3.そのまま使えない家電
電子レンジ、蛍光灯器具、水銀灯、洗濯機、乾燥機、テープレコーダーやステレオの一部、電気時計など
※周波数に対応していない時は、部品の交換や機器の調整が必要となります。

 

なぜわざわざ、こんなことを書くかと言いますと日本には電源周波数が50ヘルツの地域と60ヘルツの地域があるからです。
世界的にも珍しいことなのだそうです。

 

ちなみに境界線は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりで、ここから東側は50ヘルツ、西側は60ヘルツの電気が送られています。

 

なぜこんなややこしいことになったのでしょう。

 

それは明治時代に東日本ではドイツ製の発電機、西日本ではアメリカ製の発電機を輸入したからなのだそうです。
しかもその時の影響が未だに続いているなんて非常に驚きですね。

 

引越しでこの境界線を超えると家電が動かない場合があります。しかし壊れたわけではありませんので捨てるには勿体ないです。
最近は電気メーカーもどちらの電源周波数でも使える家電の開発など努力をしています。